スポンサーサイト

  • 2015.11.27 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    今日も追いきりにくぎ付け

    • 2015.10.21 Wednesday
    • 23:23
    気楽な気持ちで応援しますと言っておきながらガッツリ調教とかを気にしております(笑)

    まあ冷静なようで冷静では無く楽しんでいるんだなと思っております。

    でも来週の天皇賞の方がすでに緊張しているのは間違いありません。

    今週はノンシュガーも出走しますし、今回は少し状態が・・・まあ気になるところもあるので馬券はおそらく買わないでしょうが、大きな声で応援したいですね。

    肝心の菊花賞の追いきりとしては少しだけ不安が残りました。動きは抜群ですが予定より少し早くなったというところが・・・、もちろん状態が良くて時計が出るに越したことは無いのですが、攻めて時計を出したはOKですが、攻めるつもりは無く時計が出ちゃったというのは結果的なもので、レースでの折り合いが心配です。まあ蛯名騎手ですから色々と不安はありますが、京都の長丁場だけは実績がありますからね。楽しみにしましょう。

    さてさて菊花賞の予想でもしますか、まあ枠順次第なので今のところ考えたって仕方ないのですが・・・。

    今年の菊花賞は距離に自信を持って乗れる馬が非常に少ないという事がまず重要です。

    逃げる予想がルメールのリアファルという事、おそらく2~3番手につけるキタサンブラックの騎手が北村宏、まあ積極的に前をつぶそうなんてことは全く考えず、自身も距離に不安があるのでしっかり折り合って行きたいという事を考えれば早い流れは考え辛く、逃げ馬に展開が向くイメージ、何としても勝ってやろうと積極的なレースをする横山典とかの騎乗馬が少し足りない事を考えればレースの主導権は完全にルメールが握ることになる。敢えて勝負する可能性があるのはスティグリッツの内田博だけではないかと思えるくらいに見どころの無いレース、さすがに福永も早めに仕掛けるとは思うがリアルスティールの能力をもってしてもあの走り方じゃ3000で能力全開は難しいはず、動きが良化したブライトエンブレムは京都が…、となるとタンタアレグリアに期待したくなるのですが、高速馬場にどこまで適性をみせて、いつもより早めに仕掛けて勝ち切れるかですね。期待込みでもイメージが湧かないんですよね。リアファルかぁ・・・。

    今週は他にもウォリアーズクロス(柴山)、サンブルエミューズ(ルメール)、ルベーゼドランジェ(C・デムーロ)の3頭も出走予定です。ウォリアーズクロスには期待したいですが、メンバーがやたら揃っているのと、国枝先生の初戦は不安がいっぱいなのでそこそこ期待したいと思います。せめて1つくらいは勝ちたいなあって思ってます。

    スポンサーサイト

    • 2015.11.27 Friday
    • 23:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM